転職を知り尽くした転職のプロが転職しました 2010年07月

カテゴリー


プロフィール

YOSHI24

Author:YOSHI24
00年から08年9月まで約8年間、人材ビジネスに従事していました。
このBlogは08年当時、半分仕事として書きはじめましたが今は自分が経験したことが皆さんの役に少しでも役立てばと書いています。

ちなみに私は担当業界だったIT業界のリーディングカンパニーで働いています。
転職して1年以上になりますが成功と言える転職になったと思っています。

しがらみのない私のナレッジ・ノウハウを是非お役立て下さい!!


adsense


にほんブログ村


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


リンク


AdSense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は会社のが野球観戦に家族を招待してくれたので妻、息子、娘、母でソフトバンクvs日本ハム戦を観戦しました。
スポンサーサイト

今日はソフトバンクグループの30年ビジョンを聞きに武道館へ行った。

終わった後に会場前で孫正義社長と握手出来ました。
感動。
最近、転職をした人に「お祝い金」を出す転職サイトがあるようですね。

求人情報を無料で掲載して成果報酬型で企業から料金をとっているようです。
成果報酬を企業の自己申告だけに頼ると、どうしても不正がでそうですよね。
それを転職した人に「お祝い金」を出すことで転職者に自己申告してもらうことで解決しているようです。

リクルートなどは掲載するだけで数十万、数百万の費用がかかったりしますので成果報酬なら企業の納得感も得やすいですよね。
たぶん人材紹介と求人サイトの間でメリットもデメリットも、ちょうど間にある気がしますね。

ソーシャルリクルートと言われるFacebookやLinkedIn、twitterなどを活用した新しい分野も生まれてきているし変化の時ですね。

テーマ : 転職活動 - ジャンル : 就職・お仕事


日本経済新聞に「社長候補求む!」という求人が掲載されている。

掲載したのは東証1部上場企業で自動車用電装部品メーカーの株式会社ユーシンです。

年俸:3500万円以上(入社の年俸で社長就任時は更にアップするみたいです)

私が人材エージェント時代に感じたのが日本の製造業はトヨタやソニーなどの一部の超有名企業が新卒で優秀な人材を採用して終身雇用で独占してきたこと。

今回のユーシンのような企業で幹部候補のヘッドハンティングを成立させたことがあるが超有名企業で元役員候補のシニアクラスが採用された。

企業は人、採用を制すことは成功の近道だ。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。