転職を知り尽くした転職のプロが転職しました 2010年09月

カテゴリー


プロフィール

YOSHI24

Author:YOSHI24
00年から08年9月まで約8年間、人材ビジネスに従事していました。
このBlogは08年当時、半分仕事として書きはじめましたが今は自分が経験したことが皆さんの役に少しでも役立てばと書いています。

ちなみに私は担当業界だったIT業界のリーディングカンパニーで働いています。
転職して1年以上になりますが成功と言える転職になったと思っています。

しがらみのない私のナレッジ・ノウハウを是非お役立て下さい!!


adsense


にほんブログ村


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


リンク


AdSense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社長を公募して話題になったユーシンが副社長や本部長など経営幹部を約20人採用することを決めたようです。

公募で外部から経営幹部を大量採用するのは珍しいが良い事例ですね。

ヘッドハンティングでは大量採用ってわけにはいかないですからね。

ユーシンのような知名度が高くない優良企業の経営幹部採用には公募は有効な採用手法になりそう。
スポンサーサイト
「めちゃイケ」がナインティナインの岡村隆史さんが体調不良で休養中のため、番組の救世主を求めてプロの芸人から一般人まですべての人に門戸を開き、全国オーディションを実施するようだ。

EXILEとかモー娘とかでもメンバー公募ってありましたから珍しいことでもないんでしょうけど。
グループのメンバー募集じゃなくて土曜8時のバラエティのレギュラー出演者公募ですからね。

実業界でもユーシンの社長公募など、これらか公募ブームが来ると思っています。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 就職・お仕事

今夜はワールドカップ以来の日本代表の試合でした。

しかも対戦相手は宿敵パラグアイ。
熱い試合を期待しました。

結果は1-0で日本の勝利(よかった、よかった)

会場には新日本代表監督のザッケローニが観戦していました。

ところで今回の代表監督選考では何人かの監督から断られたようですね。
日本がサッカーの中心であるヨーロッパから物理的にも感覚的にも遠くて日本代表監督に就任することは
自身のキャリア形成上、不利になると考えた方々が多かったようです。

監督以外にも日本代表の多くの選手(特にW杯で活躍した選手たち)がJリーグからヨーロッパの
リーグに移籍していきました。
※ワールドカップ前から海外でプレーしていた選手を含めると代表レギュラーの大半は海外でプレーしています。

あるいみワールドカップはサッカーの中心市場であるヨーロッパの各リーグのリクルーティングの場だし
選手のモチベーションの一部は、そこにあるのだと思う。
※もちろん選手だけでなく監督も。

プロスポーツ(特にサッカー)はグローバルな人材市場が確立されていて、すすんでいますね。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 就職・お仕事

今日のランチで職場の同僚から英語を勉強しようと思っているという話を聞いた。

私も最近購入したiPhone4を活用して英語学習を再開しようと考えていた。

前にも書いたが外資など限られたところでのみ必要とされていた英語力ですが
多くの企業が国内だけでは事業が縮小していくなかグローバルなビジネスパーソンを
求めています。

ですから今までは英語が出来れば外資など限られたところで好条件を提示してもらえていたのが
今後は多くの企業で英語力がないと一定以上の役職には就けないという事態になりかねない。

また楽天やユニクロなど社内公用語が英語になってしまうコテコテ国内企業も増えていくだろう。


ただ、これだけは言えるのは英語力だけあっても駄目なこと。
自分の強みをどこにつくるのか?
そのうえで英語力、中国語力などがあれば鬼に金棒である。

金棒だけでは戦えないのである。

テーマ : スキル - ジャンル : 就職・お仕事

激しい雇用環境から仕事を探す人があふれて求人広告は単価が下落しているようだ。

アルバイトや人材派遣の時給も低下しているようだ。

逆に最近の役員報酬の開示でわかったのは1億円以上の報酬を受取っている会社役員が日本に200人以上いるようだ。

これもグローバル化の影響なのだろう。
政治が雇用雇用と叫んでも、この流れは変わらない。
イチロー選手が10年連続で200本安打を達成したとのこと、本当におめでとうございます?

今朝のスポーツニュースでもイチローの偉業と合わせてサッカーでも海外で頑張る香川、長友、森本などの活躍が報道されていた。

最近では当たり前になった海外での日本人選手の活躍、これだけ報道されて世間の注目を集めるのも日本のビジネスパーソンも海外で活躍していかなければいけない現状と重ね合わせて勇気をもらっているからではないか。

スポーツファンとしても私達は世界の一流プレーを目にしてしまった。
もう国内リーグだけでは満足出来ない。

スポーツもビジネスもグローバルな競争が始まっている。

と言うことで英語の勉強再開しました(^_^)
私は最近、遅ればせながらiPhoneデビューしました。

今日はiPhoneのアプリで「孫の二乗の兵法」と言うアプリをダウンロードしました。

このアプリはソフトバンクアカデミアと言うソフトバンクが孫さんの後継者を育成するために開講したものです。

ソフトバンクグループから選抜した候補者と社外からも人を集めて
300人の受講者に孫さん自ら講義をするようです。

半年ごとにメンバーを入れ替えながら孫さんが引退する10年くらい続くようだ。

この後継者育成プログラムは凄いなと感じました。

やはり孫正義はただものではない。
ソフトバンクの後継者育成プログラムであるソフトバンクアカデミアをUstで視聴。

後継者は社内から社外からって設問に

社内、社外問わず、もっとも相応しい人材を選ぶ最大限の努力をする

と回答していました。


そしてソフトバンクアカデミアは、その方針そのもの。

孫さんって、やっぱり凄い。。。。。



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 就職・お仕事

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。