転職を知り尽くした転職のプロが転職しました 転職準備メソッド(1)自己分析

カテゴリー


プロフィール

YOSHI24

Author:YOSHI24
00年から08年9月まで約8年間、人材ビジネスに従事していました。
このBlogは08年当時、半分仕事として書きはじめましたが今は自分が経験したことが皆さんの役に少しでも役立てばと書いています。

ちなみに私は担当業界だったIT業界のリーディングカンパニーで働いています。
転職して1年以上になりますが成功と言える転職になったと思っています。

しがらみのない私のナレッジ・ノウハウを是非お役立て下さい!!


adsense


にほんブログ村


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


リンク


AdSense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職の目的を明確に出来たら。
私が提唱している転職準備メソッド(体系的な方法・方式)MCI分析をご紹介致しましょう。

※MCIは「自分(Myself)」「企業(Company)」「業界(Industry)」「ライバル(Competitor)」
これはマーケティングの代表的なメソッド(体系的な方法・方式)である3C分析をもとに私が開発しました(笑)
※3Cは「顧客(Customer)」「自社(Company)」「競合(Competitor))」

中途採用を採用企業の視点で見ると「自社の問題点や課題を解決する」ことと言えます。
ですから転職する際は自分のどんな経験、ノウハウ、スキルが採用企業の問題点や課題をどの様に
解決するのかを想像して下さい。「企業」「業界」「ライバル」の分析方法は情報収集でご紹介しますが
まずは自分を知り、相手を知り、その上で戦略を立てる。
この段階で転職の成否が決しているといっても良い程、重要な段階です。

中国の春秋時代(約2500年前)に書かれた兵法書である「孫氏の兵法」でも
敵を知り己れを知らば、百戦して危うからず
と言う有名な言葉があります。

兵法書ですので戦争でいかにして勝利するかを、まとめた本なのでしょうが(私も読んだことはないので)
相手を知り、己を知ることは戦争でもビジネスでも成功する為の前提条件であるのだと思います。

マーケティングや兵法では相手を知ることからスタートすると考えますが、
転職の場合は、まず自分を知ることからスタートするとスムーズです。

自分を知る方法として「キャリアの棚卸し」と言う言葉が良く使われます。
具体的には自分のどんな経験、ノウハウ、スキルを武器に転職先で活躍するのかを整理していく作業です。

【例】
・転職の目的(確認)

・今まで経験した業務
・今まで経験した責任(売上責任、予算執行責任、採用執行責任、部下の評価・指導の責任など)
・今までに受けた教育や研修
・業務での成果/実績
・業務での失敗と、そこから得た教訓
・自分の性格(強み、弱み)
・今までのキャリアの方向性
・今後のキャリアの方向性

そろそろ時間が来たようです、続きは次回と致しましょう。

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100
(2008/11/29)
永田 豊志

商品詳細を見る

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。